1. ホーム
  2. ≫【炭酸シャンプー本当に頭皮にいい?】頭皮改善・育毛・発毛に効果アリか徹底調査

【炭酸シャンプー本当に頭皮にいい?】頭皮改善・育毛・発毛に効果アリか徹底調査

炭酸水は、頭皮の汚れを浮かせて洗い流す効果が高いとしてヘッドスパなどでも取り入れられています。

今回はそんな炭酸水を用いた自宅で簡単にできる炭酸シャンプーの方法をご紹介いたします。

炭酸シャンプーとは

炭酸シャンプーとは、炭酸の効果を活用して行うシャンプーのことです。
最近注目されている炭酸を使った美容法を応用したのがこの炭酸シャンプーと言われています。

炭酸シャンプーは、炭酸を配合したシャンプーで髪や頭皮を洗うだけでなく、炭酸水を使ってシャンプー前の予洗いも行います。

炭酸シャンプーには頭皮を健康に導く様々な効果が期待できます。

炭酸シャンプーのメリットとは

炭酸シャンプーは肌への刺激が少ない弱酸性であることが特徴です。

炭酸水はシュワシュワした起泡が刺激になり、頭皮や髪の毛に付けても問題ないのか?と疑問に思う方もいるかもしれませんが、炭酸シャンプーは肌や髪の毛と同じ弱酸性なので、肌に負担をかけません。

ただ、低刺激とはいえ、乾燥肌・敏感肌・アトピー肌など、皮脂の分泌が少ない人や、頭皮に炎症を起こしている場合は炭酸シャンプーによって過剰に皮脂を洗い流してしまう可能性があるので注意が必要です。

炭酸シャンプー頭皮に対する効果とは

炭酸シャンプーには頭皮に有効な様々な効果を発揮します。

汚れが落としやすくなる

炭酸水は水に二酸化炭素を溶かすことでできます。

二酸化炭素は皮脂などのタンパク質に吸着しやすい特徴があり、炭酸が毛穴に詰まった皮脂や、古くなった角質などの汚れを浮かせて洗い流すことで頭皮を清潔に保つ事ができます。

頭皮の乾燥・フケを防止する

ワックスやヘアスプレーを使用している場合、一回で落ちにくいので何度もシャンプーをしてしまい、頭皮を保護する皮脂を必要以上に洗い流している場合があります。

炭酸シャンプーは1回のシャンプーで汚れをしっかり落としてくれるので頭皮の乾燥やそれに伴うフケを防ぎます。

頭皮の育毛環境を向上させる

炭酸シャンプーを行うことで、頭皮を清潔な状態に保つ事ができ、育毛や発毛がしやすい清潔な頭皮環境に導く効果があります。

また、頭皮の汚れが綺麗に落ちることで育毛剤の浸透を高めることができます。

炭酸シャンプーの作り方とは

炭酸シャンプーは日常使っているシャンプーと、砂糖やフレーバーなどが配合されていない炭酸水を使うことで簡単に作ることができます。

    準備するもの

  • 普段使っているシャンプー
  • 炭酸水 500ml (砂糖やフレーバーを使用していないもの)

ペットボトルに50mlの炭酸水と普段使っているシャンプーを2~3プッシュ入れてよく振ると完成です。この時、丸みのある炭酸飲料用のペットボトルを使用すようにして下さい。

炭酸シャンプーの方法とは

炭酸シャンプーの方法を解説していきます。

    用意するもの

  • 炭酸水 500ml (砂糖やフレーバーを使用していないもの)
  • 上記で作った炭酸シャンプー

1 シャンプー前に炭酸水で予洗いをする

予洗いとはシャンプーの前に汚れをざっと洗い流すことです。

方法は、乾いた状態の髪と頭皮全体に炭酸水をかけます。耳の裏や襟足などまんべんなく炭酸水をかけるのがポイントです。

頭全体に炭酸水が行き渡ったら、指の腹を使って軽くマッサージをして下さい。

2 炭酸シャンプーで洗う

ペットボトルで作った炭酸シャンプーを使って普段通り洗髪します。

シャンプーを良く泡立て指の腹を使って円を描くようにマッサージしながら洗髪していきます。

この時、爪を立てたり力を入れすぎると頭皮を傷つける可能性があるので注意が必要です。

3 お湯で洗い流す

たっぷりのお湯で洗い残しがないように隅々まで洗い流します。

洗い残しがあると、頭皮トラブルを引き起こす原因になってしまうので注意が必要です。

目安としてはシャンプーの時間と同じくらい、またはそれ以上かけて丁寧に洗い流して下さい。

炭酸シャンプーの頻度とは

炭酸シャンプーは洗浄力が強く、皮脂を過剰に洗い流してしまう可能性があるので、1週間につき1回程度にとどめることをおすすめします。

炭酸シャンプーにリフレッシュ効果があるからといって洗いすぎると、頭皮を乾燥させてフケやかゆみを引き起こしてしまいます。

健康な頭皮は一定の水分と皮脂があり紫外線や乾燥から皮膚を守っています。

皮脂を適度に残すことも頭皮を健康にする上で大切です。

炭酸シャンプー自体には育毛や発毛に効果があるのか

炭酸シャンプーで使用される炭酸水は、水と二酸化炭素から構成されています。

“炭酸水に含まれている二酸化炭素が頭皮の血液に染み込むことで頭皮が酸欠した状態になり、その状態を改善しようと血管を拡張させて血行が良くなることで育毛・発毛に効果がある”

といった情報について調査しました。

疑問1 二酸化炭素は皮膚から吸収する物質なのか

身体の各器官の細胞は、酸素をエネルギーとして取り込んで、二酸化炭素を排出します。

排出された二酸化炭素は細胞から血液に吸収され、肺に運ばれ呼気として体外に放出されるのです。

つまり、二酸化炭素は細胞に馴染みやすく血液に取り込まれやすい分子だということが言えます。

疑問2 炭酸水は血行促進効果があるのか?

上記のように炭酸水には血行促進効果があると言えます。

二酸化炭素が毛細血管から血液に溶け込むことで二酸化炭素濃度がが一時的に上昇し、酸欠した状態と勘違いして酸素を取り込もうと血管が広がり、血の巡りが良くなるというメカニズムです。

では、炭酸シャンプーを頭皮の血行が良くなるのではないか?と思いますが、炭酸の経吸収には落とし穴があります。

1 炭素吸収には高濃度必要である

炭酸水の二酸化炭素を経皮吸収しようとした場合、1000ppmの濃度が必要とされています。この1000ppmがどれくらいの濃度かというと、1ℓの水に1ℓの二酸化炭素が溶けている状態です。

通常の二酸化炭素の飽和状態が700ppmくらいなので、この状態を平常状態で作り維持するのは難しいと考えられます。

仮にそれだけの濃度を入れられたとしても見る見るうちに揮発してしまい、15分~20分もの時間を維持することは不可能と考えられます。

2 頭皮を長時間浸けておく必要がある

炭酸水の二酸化炭素を経皮吸収させるためには、15分から20分間浸けておく必要があり、家庭で頭皮全体をこの時間浸けておくことはなかなか難しいと言えます。

上記の点から、市販の炭酸水を使った炭酸シャンプーには血行促進効果をを期待するのは難しいと言えます。

最後に

炭酸シャンプーは炭酸水とシャンプーがあれば気軽に行える洗髪法です。
頻度ややり方に注意して、スペシャル頭皮ケアとして取り入れてみてはいかがでしょうか?

この記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。