1. ホーム
  2. ≫【着色料】シャンプー成分で配合されている着色料とは?毒性・アレルギーの影響は?

【着色料】シャンプー成分で配合されている着色料とは?毒性・アレルギーの影響は?

着色料と聞きくと、食品に含まれているイメージをしがちですが、シャンプーによっては着色料が配合されているものあります。
そして、シャンプーの着色料に対してあまり意識していないという人は多いかもしれません。
シャンプーに含まれる着色料は、頭皮や髪にどのような影響を与えるか、調査しました。

シャンプーに配合されている着色料の目的とは?

色々な着色料がパレットの上に乗っている画像

シャンプーに配合されている成分を注目してみると、着色料の含まれているものがあります。
これはシャンプー本来の色を消して、シャンプーのイメージに合わせて色を着色するのを目的として配合されます。

例えば、ブルー系であれば水や海などの潤いをイメージさせ、オレンジ系であればビタミンや柑橘系のエッセンスが配合されてるイメージを消費者に与えることができるなど、販売者側の意図が表現されています。

シャンプーに含まれる着色料の種類

シャンプーに含まれている着色料は、大きく天然原料から抽出された天然着色料と、化学的に合成された合成着色料との2つに分類することができます。

天然着色料

天然着色料とはその名の通り、植物や虫などの天然由来の原料から抽出された色素を使った着色料です。
天然着色料は、抽出する際に水を使用したものや、エチルアルコール・プロビレングリコール・アセトン・亜硫酸化合物などの化学物質で加熱や熱処理して抽出したものなどがあります。

合成着色料

合成着色料は、化学的に合成された色素です。
合成着色料と聞くと体に悪影響を及ぼすイメージがあり、度々発がん性・アレルギー性などの危険が指摘されますが、相当な量を摂取しない限り人体に影響を与えないという意見もあります。また、メーカー側で自主規制する合成着色料もあります。

天然の着色料は合成着色料よりも髪や頭皮に安全か

医師が顎に手を当てて考え事をしている画像

天然の原料から抽出された成分を使った天然着色料であれば安全と安易に決めつけてしまうのも危険です。
合成着色料は少しの量でしっかりと色が付くので、健康被害が出るほどの量が使う必要はありません。一方天然着色料は、合成着色料と違い色が淡く、優しい色をしています。
原料は天然素材であっても、はっきりと色味を出すためにはその分着色料の量を必要とします。天然原料から色素を抽出するときに薬品や溶剤を使用したならば、それらを大量に摂取してしまう危険性もあります。
シャンプーを選ぶ際は、天然・合成に限らず着色料の含まれていないものを選ぶのが賢明と言えます。

シャンプーに含まれる着色料で特に注意すべきものとは

医師が手を前に出して禁止を表している画像

シャンプ―に含まれている着色料の中でも特に注意が必要なのは“タール色素”と呼ばれるものです。
このタール系の着色料は石油を原料とした精製された成分で、皮膚への浸透率が高く、皮膚障害やアレルギーを起こす危険性があるとされています。

タール色素の原料

タール色素は石油を精製する際に生じる【ナフサ】を原料として生成されています。
かつては石炭を乾留して得られる『コールタール』から抽出するベンゼン環を持つ芳香族化合物から生成されていて、石油由来ではあるものの『タール』という名称になっています。

シャンプーに配合されているタール色素の見分け方

シャンプーに着色料が入っていた場合、タール色素かどうかは裏面に表示されている成分表示から判断することができます。
タール色素というのは、「青色○号」「赤色○号」など、「色+数字+号」という表記で書かれている色素です。

国内と国外での使用許可の違いについて

日本国内と海外では使用許可の基準に差があります。
日本で許可されているが、海外では許可されていないものをまとめました。

  • 日本では許可 アメリカでは禁止
    赤2号 赤3号
  • 日本では許可 EU諸国では禁止
    青1号
  • 日本以外のほとんどの国で使用禁止
    赤104号 赤105号 赤106号

日本は先進国の中でも添加物の基準が甘く、日本では使用の許可が下りていても海外では使用禁止の着色料はこれほどあります。

最後に

食品では着色料を気にされる方は多いかもしれませんが、シャンプーには着色料が配合されていることさえ知らない人も意外と多かったりします。
しかし、着色料の中には頭皮に悪影響を与えかねないものもあり、注意してシャンプーを選ぶことが大切です。
特に「青色○号」「赤色○号」など、「色+数字+号」という表記で書かれているタール系色素と呼ばれるものは、皮膚障害やアレルギーを起こす危険性があるとされ注意が必要です。

着色料の主な目的は製品の見た目やイメージ向上で配合されているため、頭皮や髪の健康といった視点から見ると特に必要ない成分なのかもしれません。

この記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。