1. ホーム
  2. ≫【コンディショナー・リンス・トリートメント】 効果や性質の違いと使用すべき髪質を解説

【コンディショナー・リンス・トリートメント】 効果や性質の違いと使用すべき髪質を解説

皆様はシャンプー後に、リンス・コンディショナー・トリートメントを使い髪の毛のケアをしていますか?

この3つのヘアケアアイテムにはそれぞれ異なる特徴や性質があり、それを理解することで自分の髪の状態にあった正しいケアをすることができます。

今回は、リンス・コンディショナー。トリートメントそれぞれの性質の特徴と、使用して欲しい髪質タイプを解説いたします。

リンス・コンディショナー・トリートメントの効果の違いとは

リンス・コンディショナー・トリートメントはメーカー間で統一された定義があるわけではないですが、それぞれには性質の特徴があり、効果や目的が違ってきます。

特徴を理解した上でヘアケアをすることで理想の髪質に近づかせることができます。

リンス・コンディショナー・トリートメントの特徴や性質を説明する前に、髪の毛の構造を解説します。

髪の毛の構造を理解することで、それぞれのヘアケアアイテムがどのように効果を発揮するか分かります。

リンスやコンディショナーを図化して説明した画像

リンス

リンスは、石鹸シャンプーの使用でアルカリ性に傾いてきしみやゴワつきのある髪を、酸性のクエン酸水溶液ですすぐことで中和して滑らかな髪の状態に戻すというところからスタートしました。

リンスは髪の表面であるキューティクルに油膜を作り、髪の滑りを良くすることで熱や摩擦などの刺激から髪を保護したり、髪の毛の一番外側の層であるキューティクルの痛みやパサつきを防ぎ、静電気を抑制する効果があります。

つまりリンスは髪の表面をコーティングし、外的刺激や熱から保護することに主眼をおいて作られたヘアケアアイテムです。

コンディショナー

コンディショナーは基本的にはリンスと同じ働きをします。

ただ、コンディショナーには保湿効果のある成分が含まれており、髪を滑らかにしつつも潤いを補って、コンディションを整える点に重きをおいて開発されています。

髪の表面であるキューティクルに油膜を作り、髪の滑りを良くすることで熱や摩擦などの刺激から髪を保護しながら、髪の状態を改善していきます。

トリートメントを図化して説明した画像

トリートメント

トリートメントは、コンディショナーとリンスの効果とは違い、髪の内側あるコルテックスに成分を届け、髪のダメージを内側から補い、修復・補修することを目的としています。

髪の毛は、一番外側のキューティクル層が熱や摩擦で破損されてしまうと、そこから髪の内側の成分が流出してしまい、内側からスカスカな状態になっていってしまいます。

トリートメントを使用すると、髪の内側の成分が流出した隙間を埋めて、髪のコシやハリ感を取り戻すことができます。

髪の毛は一度損傷してしまうと、その部分を自分の力で修復することはできません。

リンス・コンディショナー・トリートメント、それぞれどんな髪質におすすめか

髪の毛の理想的な状態は、人それぞれだと考えられますが、以下のような髪質になりたい方は使用することをおすすめします。

指通りをなめらかにしたい

指通りの良し悪しは、キューティクルの開きによって変わってきます。

キューティクルが閉じて表面が滑らかな状態であれば、指通りは良くなりますが、キューティクルが開いた状態だと、髪同士が引っ掛かり指通りが悪くなります。

指通りが悪くなってしまうと、摩擦などでさらにキューティクル層が破損してしまい、そこから内側の成分が流出することによって、毛が細くなり健康的な髪の毛ではなくなってしまいます。
指通りをなめらかにでサラサラの状態をキープしたいのであれば、髪の表面を保護する効果のあるリンスやコンディショナーの使用がおすすめです。

まとまる髪の毛にしたい

髪の毛のボリュームを抑え、まとまる髪の毛にしたいのであれば、コンディショナーもしくはトリートメントの使用がオススメです。

髪にボリュームがある時は、表面のキューティクル層が広がってしまっている可能性が考えられます。
コンディショナーとトリートメントには髪の修復・補修効果があり、髪の内側のコルテックのダメージの受けている部分を成分が埋めることで髪自体に重みが出て、ボリュームを抑え落ち着けることができます。

痛んだ髪の毛を修復したい

カラーリングやパーマをしている場合、染料や熱で髪の毛が傷んでしまいます。
ちょっと髪がきしむ、ごわつくと感じている方はまずトリートメントで髪の内側を修復・補修することをおすすめします。

さらにその上からリンスやコンディショナーで髪を保護することで、トリートメントの補修成分の流出を防止し、指通りがよく健康的な髪に導くことができます。

使用する順番は、内側を補修してから外側を保護する、つまりトリートメント→リンス・コンディショナーの順番で使用して下さい。

リンス・コンディショナー・トリートメントの正しい使い方とは

トリートメントやコンディショナーを正しく使うことでより効果を実感することができます。
使い方は以下の通りです。

ポイントは “浸透する時間を少し置くこと” です。
髪に付けた後少し置くことで補修成分が髪の深く染み込ませることができます。

1.シャンプー後にしっかりと水けを切る

シャンプー後、トリートメントやコンディショナーを付ける前に髪の水けを切ります。
少し手間がかかりますが、一度タオルで軽く水けを取るとよりいいです。

2.水けをきった髪に、長さに応じた量のヘアケア剤を付ける

水けを切った髪にリンスやコンディショナー、トリートメントを付けていきます。

この時、頭皮にコンディショナーやトリートメントが付かないように注意して下さい。
頭皮に付着すると、よく洗いされず毛穴を詰まらせる原因にもなります。

また、何種類かヘアケアアイテムを同時に使う場合は、トリートメントが一番最初、次にリンスやコンディショナーを使用して下さい。
リンスやコンディショナーをトリートメントより先に使用してしまうと、成分が髪の内側に上手く浸透していかなくなってしまいます。

3.3~5分置く

馴染ませた後、成分を髪に浸透させるために、少し時間を置きます。

時間置いて馴染ませることで、成分を浸透させ、しっかりと定着させることができます。

4.しっかりと洗い流す

ヌメり感がなくなるまで、しっかりと洗い流します。指の腹を使い、こめかみや襟足など、洗い残しが出やすい場所に特に注意しながら洗い流します。

洗い残しがあると頭皮にトラブルを引き起こす原因になってしまいます。
時間をとり、たっぷりのお湯で頭の隅々まで洗い流すように心掛けて下さい。

リンス・コンディショナー・トリートメントは併用可能か

リンスとコンディショナーは主に髪表面の保護、トリートメントは髪のダメージの修復・補修を目的としているためそれぞれに効果が違い、目的に合わせて使い分けることをおすすめします。
ただし、リンスとコンディショナーの性質は同じなので、どちらか一方の使用で問題ありません。

併用することで、さらに髪の毛のダメージを抑制し、理想的な扱いやすい状態に導くことができます。

リンス・コンディショナー・トリートメント 併用した時使う順番について

コンディショナーとトリートメントを両方使用する場合、順番にも注意して下さい。
順番は

  1. シャンプー
  2. トリートメント
  3. コンディショナー

が望ましいです。

理由として、コンディショナーを、トリートメントをする前にしてしまうと、コンディショナーで髪の毛の表面をコーティングしてしまうので、トリートメントの成分が浸透しにくくなってしまうことが考えられます。

順番を守ることで、効果を最大限に得ることができます。

髪が短くてもリンス・トリートメント・コンディショナーは必要か

短髪だからこれらのケアは必要ないのではないか?
そう考えて、シャンプーのみという男性は多いのではないでしょうか?

確かに髪の短い方は、長い方と比べて髪の毛の痛みが気にならないかもしれません。

しかし、もし髪がキシみがちで爆発してしまう・うまくまとまらない髪質なのであれば、リンス・コンディショナー・トリートメントなどのヘアケアアイテムとシャンプーと併用することをおすすめします。
使用することで、髪を落ち着かせ、まとまりやすくさせることができます。

とはいえコンディショナーやトリートメントを使用すると髪がまとまりすぎてしまう、ダメージは気になるけれどボリューム感を出したいと思う方もいると思います。

その場合は2~3日に一度のペースで使用してみてはいかがでしょうか?

髪のダメージを補修しながらも髪がまとまりすぎることなく、適度にボリューム感を維持することができます。

短髪の方が使用する際、頭皮にリンス・コンディショナー・トリートメントなどのヘアケアアイテムが付着しやすいので注意が必要です。

これらのヘアケアアイテムは頭皮ではなく、髪の毛に使用し健康に導くように開発されたものです。
リンス・コンディショナー・トリートメントなどが付着ししっかり洗い流されないと、頭皮が刺激を感じてしまって炎症を引き起こしたり、かゆみを感じるなどの皮膚トラブルを引き起こす可能性があります。

最悪、頭皮トラブルが原因で抜け毛が増えて薄毛が進行してしまう場合もあるので注意が必要です。

最後に

私自身、髪は短めでそれほどダメージが気にならないので、シャンプー後のこれらのケア用品は使っていません。
それに、薄毛を少しでもボリュームを出したいと考えているので、リンス・コンディショナー・トリートメントを使うことで得られる髪がまとまって落ち着いた感じも、理想の状態とは言えません。
ただ、短いとはいえ髪の毛は紫外線・静電気・熱など、日々外的刺激にさらされてしまっているのも事実です。
毎日使用するのではなく、週に1~2回リンスやコンディショナーやトリートメントを使った“ダメージリセットデー”を作ることで、髪の毛のボリュームを維持しながらダメージを最小限に抑えられてオススメです。

この記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。