1. ホーム
  2. ≫洗浄成分(界面活性剤)のメリット・デメリットから選ぶスカルプシャンプー

洗浄成分(界面活性剤)のメリット・デメリットから選ぶスカルプシャンプー

市販されているシャンプーは、洗浄成分である※界面活性剤の種類によって、高級アルコール系シャンプー・石鹸系シャンプー・アミノ酸系シャンプーの3つに分類することができます。配合されている界面活性剤にはメリット・デメリットがあり、シャンプーを特徴付けています。
シャンプーが多すぎて何を選んだらいいかわからない…
という方は、まず界面活性剤によって分類された、3つのシャンプーを理解することで、自身の頭皮や髪の状態に合うシャンプーを選ぶことができると考えられます。

シャンプーを大きく3つに分類すると

それぞれの特徴は以下の通りです。

高級アルコール系シャンプーアミノ酸系シャンプー石鹸系シャンプー
洗浄力

強い

やや弱い

適度な強さ
肌への刺激

強い

弱い

弱い
皮脂

取れすぎてしまう危険性がある

適度に残る

やや取れすぎる
価格

安価

高価

比較的安価

高級アルコール系シャンプー

メリット

高級アルコール系シャンプーの最大のメリットとして、価格が安く経済的ということが挙げられます。
シャンプーはほぼ毎日使用するものであり、コストを抑えられるのは財布に優しいと言えます。また、ドラッグストアなどで販売されているので、手に入りやすいシャンプーです。
高級アルコール系シャンプーは少量でもしっかりと泡立ち、シャンプーの中でも最も洗浄力が高いシャンプーとされています。
よって、髪がべたつく脂性の肌質の方や、汗をかきやすい方が使用すると、シャンプー後の爽快感が感じられ、すっきりと汚れや皮脂を落とすことができます。
成分にシリコンなどのコーティング剤も配合されているので、洗い上がりがきしまずなめらかな指通りに仕上がります。
さらに香料も配合されているので香りがよく、香りを楽しむことができます。

デメリット

高級アルコール系シャンプーのほとんどは石油由来の原料を使用しています。
メリットとして挙げたように、頭皮が脂性肌の人や、汗を多くかくひとにはオススメなシャンプーですが、洗浄力が強すぎて過剰に皮脂を取りすぎてしまうという危険性もあります。
頭皮にある皮脂は、本来保湿や、殺菌作用、紫外線など外からのダメージの保護として機能を発揮します。この皮脂を取りすぎてしまうと、頭皮が乾燥し、肌荒れなどの頭皮トラブルを引き起こす原因になります。

アミノ酸系シャンプー

メリット

アミノ酸系シャンプーの最大のメリットは、髪や頭皮を圧倒的な優しさ、低刺激で洗い上げることができるということです。洗浄力が強すぎない為、頭皮を健康的に保つ潤いや皮脂を洗いすぎることはありません。
皮脂は殺菌や保湿の作用を担っているため、あまりにも洗いすぎてしまうと、乾燥しフケや肌トラブルを引き起こす原因になります。適度な皮脂を残しつつも清潔に洗い上げることが頭皮を健康に保ち、育毛環境を向上させます。
これらの性質から、敏感肌やアトピーなどの頭皮トラブルを引き起こしやすい人には特にオススメのシャンプーと言えます。
また、アミノ酸系のシャンプーはシャンプーに含まれているアミノ酸が髪に浸透し、修復する効果も期待できるとされています。
さらに、アミノ酸系シャンプーは生分解性に優れており、頭皮や髪以外に環境にも優しいシャンプーです。

デメリット

アミノ酸系シャンプーは洗浄力が優しいので、若干髪の毛についた整髪料が落ちにくいということがデメリットと言えます。
解決策としては、整髪料を付けた時は2度洗いをすることでしっかりと落とすことができます。
また、アミノ酸系のシャンプーは、保湿力があるために洗髪後の爽快感を感じにくいかもしれません。さらに、アミノ酸系シャンプーは、原料の価格が高いので、シャンプー自体の値段もやや高くなります。

石鹸系シャンプー

メリット

石鹸系シャンプーは、高級アルコール系シャンプーには劣りますが、高い洗浄力を持っています。その為、頭皮の皮脂や、髪の毛についたワックスなどのスタイリング剤をすっきりと落とし去ることがでます。
石鹸系シャンプーはドラッグストアなどで比較的安価で購入することができることもメリットと言えます。
さらに石鹸系シャンプーは、高い生分解性があるために環境にも優しいシャンプーと言えます。

デメリット

石鹸シャンプーには高い洗浄力があので、整髪料やワックスをしっかり落とすことができる反面、その洗浄力の強さから、皮脂を落としすぎてしまうという危険性もあります。
皮脂は、頭皮に潤いを与える保湿効果や、雑菌の繁殖を抑制する効果があり、健康的な頭皮を維持するためには必要なものです。この皮脂を洗いすぎてしまうと、頭皮が乾燥し、フケや炎症などの頭皮トラブルを起こす原因にもなります。
また、石鹸シャンプーはアルカリ性のシャンプーなので、洗い上がりの髪がきしみやすくゴワつくという欠点があります。
髪の毛は本来弱酸性に保たれています。ところが、石鹸系シャンプーを使うとアルカリ性に傾き、髪の表面の層であるキューティクルが開いてしまいます。
すると手触りが悪くなるだけでなく、開いたキューティクルから髪に必要な成分が出て行ってしまいます。
さらに、石鹸系シャンプーは石鹸カスが残留しやすいデメリットもあります。
石鹸カスとは、マグネシウムイオンと水中のカルシウムイオンが結合することで発生します。この石鹸カスは水に溶けない特徴があるので、入念に洗い流す必要があります。
石鹸系シャンプーを使用するときは、同時にトリートメントやリンスを使用することで、これらの使用感を軽減することができます。

シャンプーの見分け方

シャンプーは裏面の成分表記を見ると分類分けすることができます。

高級アルコール系シャンプーアミノ酸系シャンプー石鹸系シャンプー
洗浄基剤ラウリル硫酸ナトリウム

ラウレス硫酸ナトリウム

ラウレス塩酸アンモニウム

ラウリル硫酸塩

ココイルグルタミン酸

メチルアラニン

グリシン

ラウロイルアスパラギン酸ナトリウム

メチルタウリン

サルコシン

ラウロイルメチルアラニンナトリウム

脂肪酸ナトリウム

 脂肪酸カリウム

 石けん素地

カリ石鹸素地

スカルプシャンプーと薬用シャンプーとは?

市販のシャンプーにはスカルプシャンプーや薬用シャンプーという名前で販売されているものもあります。
ではそれぞれはどういった定義付けがされ、特徴があるのでしょうか?


スカルプシャンプー

スカルプシャンプーの“スカルプ”は英語で「Scalp」と表記し、頭皮・頭の皮などの意味があります。つまり、スカルプシャンプーとは、頭皮の洗浄・頭皮のケアに主眼を置いたシャンプーのことを指します。

メリット

洗浄成分が頭皮に優しい
強い洗浄力のシャンプーは必要以上に角質や皮脂を洗い流します。
それが原因で、頭皮が乾燥しフケが発生したり、乾燥した頭皮を潤そうとして過剰に皮脂が分泌され、べたつきや頭皮の炎症を引き起こすことがあります。
スカルプシャンプーは洗浄力が適度で、頭皮への刺激が少ないため頭皮に優しいシャンプーであると言えます。

薬用シャンプー

薬事法上では「薬用」というカテゴリーはなく、「医療部外品」が正式な分類の名称になります。医療部外品とは厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されるものを指します。
医療部外品は“治療”目的というよりかは、“防止”や“衛生”を目的として使用されます。
医療部外品は、薬のような改善効果はないが、人体に対する作用が緩和で、医薬品のような特別な販売許可がなくても、製品を販売することができます。

メリット

薬用シャンプーを効能で見た場合、大きく2つに分類することができます。
一つはフケかゆみを抑えるもの、もう一つは頭皮の炎症を抑えるものです。
薬用シャンプーは薬ではないので、即効性のある効き目はありませんが、フケや炎症などの頭皮トラブルで悩んでいるのであれば、状態改善が期待できます。

最後に

シャンプーは上記で解説した以外にも、ノンシリコンシャンプー・天然由来成分配合シャンプーなど、シャンプーの細分化が進み、それぞれに特徴のあるシャンプーが販売されています。シャンプーの特徴を理解することで、自身に合うシャンプーを選ぶことができます。

この記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。