1. ホーム
  2. ≫エタノール(エチルアルコール)の特徴と安全性

エタノール(エチルアルコール)の特徴と安全性

化学式C2H5OH、又は CH3CH2OH
構造式エタノール(エチルアルコール)の構造式
用途・効果防腐効果・殺菌効果

エタノール(エチルアルコール)とは

一般的にはアルコールと呼ばれていますが、国際化学命名法ではエチルアルコールと呼ばれる、無色透明で揮発性の液体です。

飲用や医薬品用の多くはサトウキビなどからアルコール発酵法で作られますが、工業用の多くはエチレンから有機合成法で作られたものか、エタノールにメタノールやイソプロパノールを配合した変性アルコールです。

化粧品に使用されるエタノールも変性アルコールであることがほとんどですが、メタノールは使用せず、イソプロパノールを配合しているものが多いです。
これら変性アルコールも「エタノール」として表示することが可能です。

エタノール(エチルアルコール)の特徴

エタノールは、正式には無水エタノール、エタノール、消毒用エタノールに分類されますが、これは純度の違いによるもので、

  • 無水エタノール:濃度99.5%以上
  • エタノール:濃度95.1%~95.6%
  • 消毒用エタノール:濃度76.9%~81.4%

に分けられます。

化粧品に配合される場合は、精製水を加えて必要な濃度に調整して化粧品や香水の溶剤などに用いたり、ベタつきを軽減させて爽快な使い心地にしたり、香りが立ちやすくなるので基剤として用いることが多いです。

エタノール(エチルアルコール)の安全性

皮膚刺激性について

ウサギに4時間ばく露した試験 (OECD TG 404) において、適用1および24時間後の紅斑の平均スコアが1.0、その他の時点では紅斑及び浮腫の平均スコアは全て0.0であり、「刺激性なし」の評価SIDS (2005) に基づき、区分外とした。 職場の安全サイト

アルコールアレルギーだからエタノールで刺激を感じるのではないかという不安のある方も少なくないと思いますが、刺激の感じる人の多くの場合は、アルコールアレルギーではなく以下の2つのケースがほとんどとされています。

  • エタノール濃度の高い化粧品を使っている
  • 一般の化粧品より少し濃度の高い化粧品を継続使用している間に炎症部分などに過剰反応する

安心できる基準値という意味ではエタノール濃度10%あたりで、15%以上だと肌が過剰反応するケースが増加します。

眼刺激性について

ウサギを用いた2つのDraize試験 (OECD TG 405) において、中等度の刺激性と評価されている (SIDS (2005))。
このうち、1つの試験では、所見として角膜混濁、虹彩炎、結膜発赤、結膜浮腫がみられ、第1日の平均スコアが角膜混濁で1以上、結膜発赤で2以上であり、かつほとんどの所見が7日以内に回復した (ECETOC TR 48 (2) (1998)) ことから、区分2Bに分類した。 職場の安全サイト

アレルギー性について

ヒトでは、アルコールに対するアレルギー反応による接触皮膚炎等の症例報告がある (DFGOT vol.12 vol.12 (1999)) との記述があるが、「ヒトでは他の一級または二級アルコールとの交叉反応性がみられる場合があること、動物試験で有意の皮膚感作性はみられないことにより、エタノールに皮膚感作性ありとする十分なデータがない」 (SIDS (2005)、DFGOT vol.12 vol.12 (1999)) の記述に基づきデータ不足のため分類できないとした。 職場の安全サイト

エタノールは、遺伝毒性や急性毒性などの毒性はほとんどなく、体内に蓄積されたり、経皮吸収も非常に低いとされており、安全性は高いことが認められています。
ただし、濃度によりますが、皮膚や目に刺激を感じる成分です。

この記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。