1. ホーム
  2. ≫頭皮のニキビの原因とは?炎症を抑える方法やシャンプーで改善する方法を解説

頭皮のニキビの原因とは?炎症を抑える方法やシャンプーで改善する方法を解説

頭皮のニキビは、顔や背中にできたものとは違い、見つけにくく、赤い腫れがいくつも出来てしまう場合があります。
今回は頭皮にできてしまうニキビの原因とメカニズム、また対処法について解説いたします。

頭皮ニキビとは

医師が顎に手を当てて考え事をしている画像

ニキビの医学的な正式名は「尋常性ざ瘡」(じんじょうせいざそう)です。
ニキビは、皮脂の過剰分泌やターンオーバーの乱れなどにより皮脂や古い角質が毛穴を塞ぎ、その塞がれた毛穴の中でニキビの原因菌であるアクネ菌が増殖し、毛包の壁に刺激を与えることで炎症が引き起こります。

同じことが頭皮で起こったのが頭皮ニキビです。

顔や背中のニキビとの違い

顔や背中の出来るニキビも、頭皮に出来るニキビもメカニズムは同じです。

ただし、頭皮ニキビは顔や背中に出来るニキビに比べると、大きくなりやすいという特徴が挙げられます。
その理由は、頭皮と顔を比べると頭皮の毛穴の方が大きく、皮脂の分泌量も多い点にあります。

毛穴が大きく皮脂量の多い頭皮では、アクネ菌が増殖しやすく、ニキビが巨大になりやすい傾向にあるのです。
さらに頭皮は顔と違って髪の毛で覆われているため、空気に触れづらく、汚れがたまりやすい上に停滞しやすいため、大きく痛いにきびになりやすいと言われています。

ニキビは炎症のひとつであり、大きければ大きいほど神経を刺激して痛みを感じてしまいます。

頭皮ニキビの主な原因について

医師がカルテを持ちながら手を広げて説明しようとしている画像

頭皮にニキビが発症してしまう3つの原因について解説します。

シャンプー成分や方法による影響

シャンプーの種類や洗い方も頭皮ニキビの原因と大きく関係しています。

洗浄力の強いシャンプーを使い続けていたり、ゴシゴシとこするような洗い方をしていると、皮脂が過剰に洗い流され頭皮が乾燥状態になります。
するとその状態を改善しようと、頭皮が皮脂を過剰に分泌させてしまいます。

皮脂が過剰な頭皮環境では、毛穴に皮脂が詰まりやすくなり、結果、原因菌であるアクネ菌の繁殖を助長させてニキビを発症させてしまいます。
さらに、頭皮にシャンプーやトリートメントなどのすすぎ残しがあると、それらが毛穴を詰まらせて頭皮ニキビの原因になります。

ホルモンバランスの乱れ

寝不足やストレスを感じると、アドレナリンが分泌されます。
アドレナリンとは副腎髄質から分泌されるホルモンであり、交感神経から分泌される神経伝達物質でもあります。

このアドレナリンが皮脂の過剰分泌を引き起こし、アクネ菌が繁殖しやすい環境を招いてしまいます。

ビタミン不足

睡眠不足や食生活が乱れると体に必要なビタミンが不足してしまいます。
すると、新陳代謝が低下して頭皮環境が悪化してしまいます。

特に肌の新陳代謝に深く関与するビタミンB群が不足すると、ニキビだけでなく頭皮の乾燥、皮脂の過剰分泌、フケなどの様々な頭皮トラブルを引き起こす原因になります。

頭皮ニキビを防ぐ方法とは

頭皮のニキビの発生を抑える対策法を解説します。

ヘアケア方法を見直す

シャンプーの際、ゴシゴシ力を入れて洗っている人は地肌を傷つけ、皮脂を過剰に洗い流している可能性があります。
シャンプーは指の腹を使って、力を入れすぎないように優しく洗うようにして下さい。

また、シャンプーやトリートメントが流したりないと、毛穴に汚れや皮脂が詰まったままになってしまいニキビを発症させやすくなります。
たっぷりお湯で、しっかりと丁寧に洗い流して下さい。

特にこめかみや襟足あたりはすすぎ足りなくなりがちな場所なので注意が必要です。

正しいシャンプーの方法について詳しく

また、洗浄力の強い界面活性剤が洗浄基剤になっているシャンプーを使用している場合も注意が必要です。
ラウリル硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸ナトリウム、ラウレス塩酸アンモニウム、ラウリル塩酸などの成分が裏面に記載されている、高級アルコール系に分類されるシャンプーは洗浄力が強すぎるかもしれません。

高級アルコール系シャンプーについて詳しく

生活習慣を見直す

睡眠時間の確保、適度な運動、バランスの良い食生活はホルモンのバランスだけでなく、頭皮の環境も正常に保つことができます。

肌の新陳代謝を促す成長ホルモンの分泌量は、夜の10時から深夜2時までの間に関係しています。
頭皮も肌の一部なので、この時間に睡眠を取ることで頭皮にも良い影響が及びます。

また、糖分は皮脂腺を、香辛料は汗腺を活性化させるので、糖分や香辛料の強いものを過剰に摂取してしまうと頭皮の皮脂が過剰になり、頭皮ニキビになりやすい環境になります。

頭皮ニキビができてしまったら

つぶしたり触ったりしない

触ったり搔いたりしてニキビをつぶしてしまうと、膿が出て炎症が広がる場合があります。さらにニキビ跡が残ってしまうこともあります。
出来るだけ触らないようにして、シャンプーの時は優しく洗うように心がけてください。

皮膚科に行く

頭皮ニキビが悪化し、熱や痛みがある場合は皮膚科での受診をおすすめします。
即効性のあるニキビ専用の薬での治療ができ、安全です。

頭皮ニキビは薄毛を招くのか

頭皮のニキビそのものには薄毛の原因にはなりにくいと考えられますが、頭皮ニキビができやすい頭皮環境は、薄毛・育毛対策の観点でみると良い環境とは言えません。
皮脂が過剰な頭皮環境では頭皮の皮膚常在菌のバランスが乱れやすく、そのことが原因で抜け毛が引き起こされてしまう可能性もあります。

洗浄力が適度なシャンプーを使い、正しいシャンプーの方法を実践することで皮脂のバランスを正常に整え、頭皮環境を向上させることができます。

頭皮ニキビに顔や背中用の治療薬を使用しても問題ないのか

頭皮の皮膚も顔の皮膚も同じ構造であり、ニキビの原因は同じなので市販薬を塗って効果がある可能性があります。
ただし、頭皮の皮膚は顔よりも厚く、皮脂腺も多い場所なので皮膚科で処方された治療薬を使うことをおすすめします。

最後に

頭皮ニキビはシャンプーの方法や種類を改めることで改善させることができます。
出来てしまった場合は放置せず、専門の医師の診察を受けて早めに治すようにすることをおすすめします。

この記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。