あなたはどの薄毛のタイプ?5種類の薄毛のタイプの特徴や原因と治療法を解説 | スカルプシャンプー研究所
  1. ホーム
  2. ≫あなたはどの薄毛のタイプ?5種類の薄毛のタイプの特徴や原因と治療法を解説

あなたはどの薄毛のタイプ?5種類の薄毛のタイプの特徴や原因と治療法を解説

鏡を見ながら髪の毛を気にしている男性の画像

薄毛には様々な原因が関係して症状に現れてきます。
シャンプーや生活習慣を改善してみても抜け毛が減らない場合は脱毛症の可能性が考えられます。

以下の症状と照らし合わせてみて適切な対処法を選ぶことが大切です。

薄毛の種類について解説していきます。

円形脱毛症

特徴・症例

円形脱毛症は円形、または楕円形の脱毛斑が突然生じる疾患です。
俗に“10円ハゲ”などと呼ばれる場合もあることから、一般的に10円玉くらいの大きさと考えられがちですが、一か所に集中して大きく脱毛してしまう場合もあれば、複数個所にわたって症例がでてしまう場合もあり、その形状は様々です。

原因

主な原因としては精神的なストレス、アトピー、自己免疫免疫疾患、遺伝的要素が関係しているという研究結果が発表されています。
また、女性の場合、出産後の女性ホルモン値の変化によっても円形脱毛症を引き起こす原因の一つとされています。

見分け方

一か所に集中した脱毛が見られた場合、円形脱毛症の可能性が考えられます。

治療方法

円形脱毛症の疑いがあれば、健康保険による治療もできるので悩みを一人で抱え込まず、まず皮膚科などの専門医療機関の受診をおすすめします。自己判断で市販の育毛剤やサプリメントを自己判断で取り入れるのは危険です。
なお、日本皮膚科学会により、日本皮膚科学会円形脱毛症診察ガイドラインが策定されていますので、ここで細かい治療方法のおすすめ度合を把握することができます。

治療方法のガイドラインを見る

加齢による脱毛

特徴・症例

60歳を過ぎたあたりから髪の毛が薄くなっていくのであれば、加齢による脱毛の可能性が高いと考えられます。

原因

髪にはヘアサイクルといるものがあります。ヘアサイクルとは髪の毛が誕生して、成長して、抜けていく一連の周期のことを指します。
ヘアサイクルの周期は髪の毛が生まれ変わる周期とその回数の上限が決まっています。

年齢を重ね、ヘアサイクルの上限を迎え、頭皮の細胞の働きが衰えると、それ以降髪の毛が生えてこなくなります。
これは一種の老化現象と考えられます。

ヘアサイクルについて詳しく

見分け方

特徴としては、頭全体的が薄くなっていくのが特徴です。
薄毛のスピードも緩やかに進行していくので、自身の年齢と照らし合わせて判断することができます。

治療方法

加齢による脱毛の特効薬は存在していません。内服薬であるフィナステリドを使って進行を遅らせることも可能ですが、高年齢での服用は体への負担も大きくなってきてしまうので、どうしても治療が必要な場合に限り専門の医療機関や皮膚科に相談するようにして下さい。

抜毛症

特徴・症例

抜毛症は別名トリコチロマニアと呼ばれています。
これは髪の毛だけでなく、まつ毛・眉毛・ひげ・腋毛・陰毛・手足の毛などの体毛を自ら抜いてしまう行為障害です。
この症状は一般人口(成人と青年)における12ヶ月の有病率は推定1~2%で男女比は1:9の割合と、女性に多い症状と言われています。

原因

抜毛症の主な原因はまだはっきりしていませんが、ストレスが大きく関与しているのではないかと考えられています。

見分け方

意識的に癖として髪の毛を抜いてしまう人は比較的簡単に見分けることができますが、中には無意識に抜いた毛を飲み込んでしまうというケースもあり、その場合は近親者が注意深く見守ることで症状を早期発見することができます。

治療方法

もし上記のような症状に思い当たる節がある方は、一度精神科や心療内科などの受診をおすすめします。精神科と聞くとなかなか一歩踏み出すのに躊躇してしまう方がいらっしゃいますが、早期発見しての治療が大切です。
精神科医と皮膚科医との連携による治療によって症状を改善させることができます。

脂漏性皮膚炎

特徴・症例

頭皮にフケ・かゆみ・赤み等の症状が現れます。悪化すると赤みが強くなったり、大きなかさぶたができてしまう場合もあります。

原因

脂漏性皮膚炎により頭皮に炎症を引き起こし、脱毛が進行していきます。

脂漏性皮膚炎の主な原因は“マラセチア真菌”に関係しています。マラセチア真菌は皮膚常在菌の一種で、皮脂をエサとして誰の毛穴にも存在しています。通常のバランスで存在していれば悪影響を及ぼすことはありませんが、皮脂が過剰になると異常増殖してしまい、マラセチア菌が分解した中性脂肪が刺激となって炎症を引き起こしてしまいます。

皮膚常在菌【マラセチア菌】について詳しく

見分け方

頭皮に赤みやかゆみが生じた、フケが増えた、皮脂が増えてべたべたしたといった感じがある場合は脂漏性皮膚炎の可能性が考えられます。

治療方法

総合病院や皮膚科で「ステロイド」や「ケトコナゾール」を処方してもらうことで状態が改善します。脂漏性皮膚炎の疑いがある場合は早めに皮膚科や専門機関の受診をおすすめします。

AGA

特徴・症例

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で男性型脱毛症の意味です。

成人男性にみられる症状で、額の生え際や頭頂部、もしくはその両方から薄毛の症状が現れます。専門的な治療をせずに放っておくと徐々に進行してしまうのがAGAの特徴です。男性の約90%の薄毛がこのAGAが原因であると考えられています。

原因

男性の特徴である骨格や筋肉の形成を促す男性ホルモン(テストステロン)が5αリダクターゼと結合するとジヒドロテストステロンに変換されます。このジヒドロテストステロンが毛根に指令を出して毛周期(ヘアサイクル)を短くすることで脱毛が増えていき、最終的には髪が生えない状態にしてしまいます。

見分け方

おでこの生え際、いわゆる“M字”と呼ばれる場所、頭頂部、もしくはその両方が薄くなってきた場合、である可能性が高いと考えられます。

治療方法

まずは皮膚科もしくはAGA専門の医療機関での受診をおすすめします。
治療はフィナステリド(プロペシア)もしくはミノキシジルといった内服薬が主な治療で使われます。なお、AGAの治療は保険適応外なので、クリニックによって治療法は様々です。あらかじめ治療費を確認しておく方がいいでしょう。

日本皮膚科学会による男性型および女性型脱毛症診察のガイドラインが策定されているので、治療法を確認することができます。

治療方法のガイドラインを見る

スカルプシャンプーで髪は生える?スカルプシャンプーと抜け毛の関係性とは

シャンプーの本来の目的は、過剰な皮脂や汚れを落とし、清潔な状態に保つことにあります。
よってスカルプシャンプーを使ったからと言って、直接的な発毛効果は期待できません。

しかし、スカルプシャンプーは頭皮の洗浄・ケアに重きを置いて開発されたシャンプーです。

頭皮は髪を生み、太く長く成長していくいわば“土壌”と同じ存在です。
土壌が乾燥して固く、栄養がない状態であれば作物が育たないのと同じように、頭皮に潤いがあり、柔らかく健康的でなければしっかりした髪の毛を育むことはできません。
従って、頭皮環境を整えることは、発毛環境を整えることに繋がり、スカルプシャンプーを使うことは間接的な育毛ケアをしていることと同じと言うことが言えます。

最後に

髪の毛の脱毛には様々な種類があります。薄毛や抜け毛で悩みがある方は上記の症例を照らし合わせてみて、原因に合う適切な治療法が必要となります。

また、治療とは別に頭皮ケアをすることは、発毛環境を整える上で大切です。
頭皮のトラブルを防ぎ、健康的な状態を保つことで育毛環境を整えます。
シャンプーは毎日使うもので、一番最初に見直してみることをおすすめします。

この記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。