1. ホーム
  2. ≫【スカルプシャンプーの特徴】頭皮をケアするスカルプシャンプーとは一体? メリット・デメリットを徹底解析

【スカルプシャンプーの特徴】頭皮をケアするスカルプシャンプーとは一体? メリット・デメリットを徹底解析

育毛・発毛の情報を調べていく中で、“スカルプケア”や“スカルプシャンプー”といった単語をよく見かけます。

では、このスカルプシャンプーとは一体どういった特徴のあるシャンプーなのでしょうか。

特徴を解説いたします。

シャンプーの目的について

スカルプシャンプーの特徴を説明する前にシャンプーの目的を解説します。

シャンプーは“髪の毛の汚れを洗うこと”と考えている人は多いと思いますが、シャンプーの一番の目的は“頭皮の汚れや皮脂を洗い、綺麗にすること”です。

頭皮は、髪の毛を育む言わば土台となる部分です。
その頭皮が汚れたままの不衛生な状態のままでは健康な髪の毛が育ちません。
それどころか、頭皮に雑菌が繁殖し、様々な悪影響を及ぼすことで皮膚トラブルを引き起こす原因にもなります。

頭皮を清潔に保つことは、育毛・発毛環境を整えることに直結していて、非常に大切なことです。

スカルプシャンプーとは

スカルプシャンプーの“スカルプ”は英語で「Scalp」と表記し、頭皮・頭の皮などの意味があります。
つまり、スカルプシャンプーとは、頭皮の洗浄・頭皮のケアに主眼を置いたシャンプーのことを指します。

スカルプシャンプーと一言で言っても頭皮に有効な成分や、その含有量は製造メーカーによって異なり様々です。

頭皮は髪の毛を生み、育むいわば“土壌”のような場所です。
土壌がいいと美味しい作物が収穫できるように、頭皮を健康的な状態に保つことは育毛や薄毛対策に繋がります。

スカルプシャンプーは髪を洗うためだけのものではなく、頭皮を洗い、健康な状態に導く目的で開発されたシャンプーなので、薄毛・育毛対策でシャンプーを選ぶ場合はおすすめです。

スカルプシャンプーと従来のシャンプーとの違いについて

従来のシャンプーと、スカルプシャンプーにはどのような違いがあるのか?

従来のシャンプーは、髪の毛の健康や美観を主眼に置いたものが多いのが特徴で、髪の表層であるキューティクルを保護し、滑らかな指通りやツヤを生み、洗い上がりがよくて、サラサラつやつやな状態の導きます。

ただし、頭皮の健康に着目されて開発されているわけではないので、頭皮にとって洗浄力が強く、皮脂をとりすぎてしまう傾向があります。

皮脂は頭皮の潤いやバリア機能に関与しているので、取り除きすぎてしまうと様々な頭皮トラブルを引き起こす原因になります。

一方、スカルプシャンプーは頭皮をいかに健康な状態に保つことができるかにポイントを置いて設計されています。

勿論、製品に使用されている成分にもよりますが、従来のシャンプーはヘアケアに重点を置いているのに対し、スカルプシャンプーは頭皮のケアが目的で作られ点が大きな違いです。

スカルプシャンプーのメリット・デメリット

スカルプシャンプーのメリットとデメリットについてまとめました。

メリット

洗浄成分が頭皮に優しいものが多い

強い洗浄力のシャンプーは必要以上に皮脂を洗い流してしまいます。

皮脂は頭皮の潤いやバリア機能に関与しているので、過剰に取り去ってしまうと頭皮が乾燥しフケが発生したり、乾燥した状態を改善しようと、さらに過剰に皮脂が分泌されることによって頭皮の炎症を引き起こす可能性があります。

スカルプシャンプーは、適度に皮脂を残しながら汚れを洗い流すような洗浄力で設計されてるものが多いです。

ただし、スカルプシャンプーと呼ばれるシャンプーの中には高級アルコール系シャンプーと呼ばれる洗浄力が強い界面活性剤が使用されているものもあります。
成分表示にラウリル硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸ナトリウム、ラウレス塩酸アンモニウム、ラウリル硫酸塩などの記載があれば注意が必要です。

デメリット

比較的高価なシャンプーが多い

スカルプシャンプーは商品によって差があるものの、比較的値段が高いとされています。
それは、スカルプシャンプーに配合されている成分が高価で、生産コストに影響しているからです。

育毛・薄毛対策としてシャンプーを選ぶのであれば、多少値段が高くても使用されている成分にこだわり、洗浄成分が穏やかで頭皮を健康に導くスカルプシャンプーを使用することをおすすめします。

薄毛・育毛においてスカルプシャンプーは選ぶ際の注意点とは

育毛・発毛・抜け毛対策を考えるのであれば、髪を育む土台となる頭皮の洗浄やケアに主眼を置いたシャンプーであるスカルプケアシャンプーをおすすめします。

しかし先程述べたとおり、スカルプシャンプーと一言で言っても、成分や配合量に法的な規則があるわけではなく使用されている成分は様々なので、シャンプーを構成している成分をしっかり確認する必要があります。

スカルプシャンプーの中には洗浄力や脱脂力が強い、頭皮の皮脂のべたつきが気になる男性向けスカルプシャンプーも販売されているものもあります。
確かに洗浄力が強いと、すっきりとした爽快感が感じられやすく気持ちがいいのですが、皮脂を過剰に取り去ることで引き起こされる皮膚トラブルもあるので注意が必要です。

スカルプケアという単語だけで盲目的にシャンプーを選ぶのではなく、シャンプーに配合されている成分にも着目することが大切です。

どんな成分が入っていれば避けた方がいいのか

スカルプケア、スカルプシャンプーという表記があっても以下の成分が配合されているシャンプーは避けた方が良いと考えられます。特に以下の成分に注意が必要です。

ラウリル硫酸ナトリウム・ラウレス硫酸ナトリウム・ラウレス塩酸アンモニウム・ラウリル硫酸塩

これらの界面活性剤が使用されているシャンプーは高級アルコール系シャンプーに分類することができます。

特徴として、製造コストが安く、泡立ちがいいので広く流通しているシャンプーの多くに配合されています。

洗浄力がとても強力なので、皮脂や角質を過剰に洗い流してしまう恐れがある成分です。
皮脂を過剰に洗い流してしまうと、様々な頭皮トラブルが引き起こされてしまいます。

高級アルコール系シャンプーについて詳しく

合成香料

合成香料は、香りでシャンプーを印象付けるために配合されています。

しかし、この合成香料は皮膚から吸収されることによってアレルギー反応を起こす可能性があるとされている成分です。

合成香料について詳しく

シリコンやパラベンの毒性について

スカルプシャンプーの中には、シリコンフリーやパラベンフリーと記載されているシャンプーが多く出回っています。

シリコンには髪を包み保護する役割があるので、頭皮に付くと毛穴を詰まらせるという噂がありますが、そのような研究結果や論文は発表されていないので、真意は不確かであると言えます。

また、抗菌の役割を果たすパラベンは、安全に使用するためにはある程度必要な成分です。
シャンプーは高温多湿で、常に菌の発生しやすい環境に置いておくものなので、抗菌効果のある成分を配合する必要があります。

よってパラベンフリーと記載があっても、抗菌効果のある成分を配合する必要があり、それが肌への刺激が強い商品もあります。

どちらも、肌への影響を最小限に抑えた配合量などの研究が進み、安全に使用できる技術が進歩しています。

最後に

育毛・薄毛対策において、頭皮を健康に保つことは重要です。
シャンプーはほぼ毎日行うもので、頭皮の健康と切っても切れない関係であると言えます。
そのシャンプーは、頭皮を主眼において研究されて製造されたスカルプシャンプーを選ぶことが、やはり望ましいと言えます。
ただし、スカルプシャンプーとして販売されているものの中には、洗浄力が強く頭皮トラブルを引き起こしかねないものもあります。

スカルプシャンプーの名前に踊らされることなく、成分にも着目し頭皮に優しいシャンプーを選ぶようにして下さい。

この記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。