1. ホーム
  2. ≫よくあるスカルプシャンプーの疑問(Q&A)

よくあるスカルプシャンプーの疑問(Q&A)

スカルプシャンプーとはそもそも何ですか?

スカルプ(scalp)は英語で、頭皮・頭の皮の意味を持ちます。
従来のシャンプーは主に、髪の毛の洗浄や美観に重きを置いて開発されたものに対し、スカルプシャンプーは頭皮の洗浄・ケアに主眼を置いて開発されたシャンプーを指します。
スカルプシャンプーと一言で言っても、メーカーによって配合されている成分が様々です。


薬用シャンプーって言葉よく聞きますが、薬用シャンプーって何ですか?

薬用シャンプーとは医療品の意味はなく、医療部外品というカテゴリーに分類されます。
医療部外品とは厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定量配合されているものを指します。主に医療部外品は、“治療”ではなく“防止”“衛生”を目的とし、人体に対する作用が緩和なのが特徴です。医薬品のような特別な許可がなくても製品を販売することができます。
薬用シャンプーを大きく分類すると、“フケ・かゆみを抑えるもの”と“頭皮の炎症を抑えるもの”に分類することができます。


スカルプケアはなぜ必要なんですか?

頭皮は髪の毛を生み、そして育む言わば“土壌”の役割を担っています。
この頭皮が健康でなければ、フケ・べたつき・かゆみなどのトラブルを引き起こします。
さらに、頭皮が健康でなければ、健康な髪が生えず、そして生えてきた髪の毛を保持することができないので抜け毛の原因になってしまいます。
太く、ツヤのあるしっかりとした髪の毛を育みたいのであれば、ヘアケアだけでなくスカルプケアは必要であると言えます。


スカルプシャンプーって種類がたくさんありますよね。どういうスカルプシャンプーを選べばいいですか?

スカルプシャンプーと一言で言っても、成分や配合量の法的な規則があるわけではないので、メーカーによって様々です。“スカルプシャンプーだからどれも頭皮に良い”と早々に決めつけて選んでしまうのは危険です。
適度な洗浄力を持ち刺激の少ない、アミノ酸系シャンプーもしくは石鹸系シャンプーを選ぶことをおすすめします。


逆にどういうスカルプシャンプーを選ばない方がいいですか?

スカルプシャンプーの中には、頭皮に刺激を与える成分や、洗浄力が強すぎる界面活性剤が配合されて販売されているものも意外と多く存在しています。
裏面も成分表を確認して、ラウリル硫酸ナトリウム・ラウレス硫酸ナトリウム・ラウレス塩酸アンモニウム・ラウリル硫酸塩などが洗浄基剤で使われているシャンプーは洗浄力が強すぎるので避けるべき成分の一つです。


最近薄毛が気になります。スカルプシャンプーを使えば髪は生えてきますか?

シャンプーの目的は頭皮や髪の毛の汚れを落とすことにあります。そのため、スカルプシャンプー自体には育毛効果はありません。スカルプシャンプーの中には育毛効果のある成分を配合しているものも存在していますが、短時間で洗い流してしまうものに育毛有効成分を配合したところでどれだけの効果が期待できるか、疑問が残ります。
ただ、スカルプシャンプー自体に育毛効果がないとしても、頭皮の環境を改善することで発毛環境を向上させることに繋がると言えます。


健康な頭皮の状態ってどういう状態のことですか?

健康な頭皮とは「毛穴に余分な皮脂・角質・汚れがなく、透明感のある青白い色をしていて、指の腹で揉むと柔軟性がありよく動く頭皮」を指します。


健康な頭皮を保てると、どんなメリットがありますか?

頭皮の状態が健康であれば、フケ・かゆみ・ニオイ・べたつきなどの頭皮の悩みを感じることはありません。また、健康的な頭皮は育毛剤の浸透率もよくなりより効果的な育毛対策が期待できます。


いつも朝シャンしています。これって頭皮や髪によくないんですか?

寝癖直しや、目覚ましで朝シャンをする方は意外と多いと思います。
しかし、頭皮の健康の観点で言えばあまりおすすめしません。朝シャンプーをすることで、本来外的刺激から保護の役割を果たす皮脂を洗い流してしまいます。
一度落ちてしまった皮脂膜は夜再生されるので、夜にシャンプーするほうが頭皮にいいののです。


髪が短いので普段ドライヤーは使っていません。ドライヤーは使った方がいいですか?

髪の長さに関係なくシャンプー後はドライヤーをして、髪と頭皮を乾かすことをおすすめします。
シャンプー後の頭皮は温度が高く、湿度が高い状態にあります。
この状態は菌の発生に好都合な状態でもあるので、頭皮に悪影響を与えるマラセチア菌が増殖してしまう危険性があります。
さらに濡れたままで寝てしまうと、枕に髪の毛が擦れてダメージを受けてしまいます。


頭皮のべたつきやニオイが気になります。スカルプシャンプーは有効ですか?

頭皮のべたつきやニオイが気になる人は、頭皮の洗浄・ケアに主眼において開発されたスカルプシャンプーは有効です。ただし、ラウリル硫酸ナトリウム・ラウレス硫酸ナトリウム・ラウレス塩酸アンモニウム・ラウリル硫酸塩などが洗浄基剤で使われているスカルプシャンプーは皮脂が取りすぎてしまうのでその状態を回避しようと、かえって皮脂を分泌させてしまう恐れがあり、過剰に分泌された皮脂が原因でべたつきやニオイを引き起こすので注意が必要です。


頭皮のフケが気になります。どんなスカルプシャンプーを選べいいでしょうか?

頭皮のフケが気になる方は適度に皮脂を残して洗い上げることの出来る、アミノ酸系または石鹸系の界面活性剤を使用したスカルプシャンプーを選ぶことをおすすめします。洗浄力が強すぎないので、皮脂を適度に残すことができ頭皮の乾燥や過度な皮脂の分泌を抑えることでフケの発生を抑えることができます。


1日に何回もシャンプーするのは、清潔にするから頭皮や薄毛対策に有効なんですよね?

1日に何度もシャンプーをすることは、過度な皮脂の除去に繋がりおすすめできません。
シャンプーは1日一回夜に行うことが理想です。


しっかり汚れを落としたいので、頭皮をゴシゴシ洗っています。これは正しい方法ですか?

頭皮をゴシゴシ洗うことも過度な皮脂の除去に繋がります。過度に皮脂を取り去ってしまうと、保湿機能や外的刺激から守るバリア機能が弱まり、頭皮トラブルを引き起こす原因になります。

この記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。