カリ石鹸素地の特徴と安全性 | スカルプシャンプー研究所
  1. ホーム
  2. ≫カリ石鹸素地

カリ石鹸素地

化学式
構造式
用途・効果 界面活性剤・洗浄作用

カリ石ケン素地とは

化粧品成分表示名はカリ石ケン素地、医薬部外品表示名はカリウム石けん用素地になります。

カリ石ケン素地は高級脂肪酸と水酸化カリウムを中和反応させるか、油脂と水酸化カリウムを加水分解(ケン化反応)させて生成される、液体石ケンの原料となるアニオン界面活性剤です。

・中和法  →  高級脂肪酸 + 水酸化カリウム → 石ケン + 水
・ケン化方法 → 油脂 + 水酸化カリウム → 石ケン + グリセリン

カリ石ケン素地の特徴とは

カリ石ケン素地は、油との親和性がありつつも水と馴染みやすいというのが特徴です。

主に液体石ケンに配合され、それ以外には洗顔フォームなど幅広く使用されています。

カリ石ケン素地の成分表示の記載方法には、以下の4つのパターンがあります。

  • カリ石ケン素地
  • 高級脂肪酸 水酸化カリウム
  • 油脂 水酸化カリウム
  • 高級脂肪酸カリウム、もしくは油脂脂肪酸カリウム

高級脂肪酸 水酸化カリウム

高級脂肪酸は、主にラウリン酸、ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸のうち3種類ほど使われることが多いですが、たとえば中和法で以下のように石ケンがつくられた場合、

ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸 + 水酸化K → 石ケン + 水

となります。

この場合、成分表示欄には「カリ石ケン素地、水」とだけ記載されることもありますが、「ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸、水酸化カリウム」と記載されることもあります。

高級脂肪酸が成分表示欄の上のほうに3種類ほどあって、水酸化カリウムも記載されていたらカリ石ケン素地の可能性が高いということになります。

油脂 水酸化カリウム

油脂は主にパーム油、パーム核油、ヤシ油、オリーブ果実油、の中で数種類使われることが多いですが、例えばケン化法で以下のように石ケンが作られた場合、

パーム油、パーム核油、ヤシ油、オリーブ果実油 + 水酸化カリウム → 石ケン + グリセリン

となります。

この場合、成分表示欄にはカリ石ケン素地、グリセリンとだけ記載されることもありますが、「パーム油、パーム核油、ヤシ油、オリーブ果実油、水酸化カリウム」と記載されることもあります。

油脂が成分表示欄の上の方に3種類ほどあって、水酸化カリウムと記載されていたら石ケン素地の可能性が高いということになります。

高級脂肪酸カリウム、もしくは油脂脂肪酸カリウム

高級脂肪酸の場合、「ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸、水酸化カリウム」のようにバラバラに表示することもできますが、「ミリスチン酸K、パルミチン酸K、ステアリン酸K」と表示する場合もあります。

油脂の場合、「パーム油、パーム核油、ヤシ油、オリーブ果実油、水酸化カリウム」のようにバラバラに表示することもできますが、「パーム脂肪酸K、パーム核脂肪酸K、ヤシ脂肪酸K、オリーブ脂肪酸K」と表示する場合もあります。

カリ石鹸素地の安全性について

カリ石鹸素地の安全性ですが、皮膚刺激性・眼刺激性・アレルギー性(皮膚感作性)に対し、有害情報なしというデータがあります。(安全データシート)

カリ石鹸素地の現時点での安全性は、皮膚刺激性・眼刺激性・アレルギー性(皮膚感作性)の3点において、有害であると言ったデータはなく、古くから使用されてきた実績も鑑みると、安全な成分と考えられます。

この記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。