1. ホーム
  2. ≫シャンプー成分表示は化粧品と薬用でルールの違いがある!

シャンプー成分表示は化粧品と薬用でルールの違いがある!

“シャンプーの成分を見ることは、シャンプーの特徴を把握する上で大切なこと”とお伝えしましたが、表記の仕方はシャンプーの分類によって異なります。
医薬品医療機器等法(薬機法)によって取り決められている、このルールを解説します。

【薬機法(旧薬事法)】とは一体何か?

薬機法とは、旧薬事法が平成26年11月25日に改正された法律で「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」である、「医薬品医療機器等法」の略称です。薬機法は
①医療機器の承認・許可に係る規定を、医薬品の規定から独立させること
②再生医療等製品を新たに規制対象に加えること
③安全性等に係る規定の強化、明確化を図ること
の3点をポイントに改定されました。

シャンプーの成分の表記ルールの違いについて

先程、シャンプーの成分表記はシャンプーの分類によって違うとお伝えしましたが、その分類というのが【化粧品】もしくは【医薬部外品】のどちらに分類されるかという点です。
では、まず【化粧品】と【医薬部外品】とは一体何なのか?その違いについて解説します。

化粧品の定義

医薬品医療機器等法第2条第3項で、化粧品は、”人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪をすこやかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう”と定義されています。

成分表示のルール

化粧品に分類されるものの成分表記は次の3点のルールがあります。1点目は“全成分を表示する”こと、2点目は“配合量の多い順番に記載する”こと、3点目は“1%以下の成分は順不同でよい”ことです。

医薬部外品の定義

医療部外品とは厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されるものを指します。
医療部外品は“治療”目的というよりかは、“防止”や“衛生”を目的として使用されます。
医療部外品は、薬のような改善効果はないが、人体に対する作用が緩和で、医薬品のような特別な販売許可がなくても、製品を販売することができます。

成分表示

医薬部外品の成分表記の特徴は3点あります。1点目は“シャンプー成分の全てを表示する義務はない”こと、2点目は“成分の配合量の記載順に規定がない”こと、“有効成分とその他の成分を分けて記載する”ことです。

効果の強さ
医薬品    >   医薬部外品   > 化粧品 
強い←                →緩和

化粧品 医薬部外品
表示
方法
・全成分表示
・配合量の多い順番に記載
・1%以下の成分は順不同
・全てのシャンプー成分を表示する義務なし
・成分の配合量の記載順に規定がない
・有効成分とその他の成分を分けて記載

配合できる成分の違い

化粧品と医薬部外品とでは、成分表示だけでなく配合できる成分も異なります。

化粧品

配合禁止成分:32成分+ 医薬品成分(例:水銀、カドミウム、ホルモン類、ホルマリン)
配合制限成分:17成分(例:サリチル酸 0.20%以下)
配合許可成分:防腐・殺菌剤(43種)、紫外線吸収剤(28種)、タール色素(83種)

医薬部外品

配合禁止成分・配合許可成分:製品ごとに承認が必要
配合制限成分:成分により配合上限値あり(例:ヘアカラー中の染毛成分)

化粧品 医薬部外品
配合成分の自由度 低い
配合可能成分に制限を設けて安全性を確保している
高い
製造前に厚生労働大臣または都道府県知事の承認が必要

化粧品シャンプー・医薬部外品(薬用シャンプー)の見分け方とは

化粧品か、医薬部外品かどうかは簡単に見分けることができます。
シャンプーの裏面を確認してみて、“医薬部外品”との記載があります。
また、医薬部外品は有効成分とその他の成分とを分けて記載するルールがあることから、“有効成分 ○○”との記載があれば医薬部外品と判断することができます。

最後に

シャンプーの成分を正しく把握するためには、成分表記の知識が必要になってきます。
化粧品シャンプーと医薬部外品(薬用)シャンプーの違いを理解するとともに、上記のルールを頭の中に入れておくことで、より自分の肌質・髪質に合ったシャンプーを選ぶことができるといえます。

この記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。