1. ホーム
  2. ≫石けん系シャンプーが頭皮に及ぼすメリットとデメリット。またその種類や生成法を紹介

石けん系シャンプーが頭皮に及ぼすメリットとデメリット。またその種類や生成法を紹介

シャンプーは高級アルコール系シャンプー・石けん系シャンプー・アミノ酸系に大きく分類することができます。今回は石けん系シャンプーの特徴と調査しました。

石鹸の精製法について

石けんとラベンダーが置いてある画像

そもそも石鹸は何からできているのでしょうか?

石鹸は、高級脂肪酸などの油性成分と、水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)、もしくは水酸化カリウム(苛性カリ)を混ぜて化学反応させて生成される、アニオン界面活性剤です。

精製方法には中和法とケン化法という2種類があります。

中和法

高級脂肪酸を強アルカリ性の成分で中和すると、石けんと水ができます。

高級脂肪酸 + 水酸化ナトリウムまたは水酸化カリウム →  石けん + 水

ケン化法

油脂を強アルカリ性の成分で加水分解(≒ケン化反応)すると、石けんとグリセリンができます。

油脂 + 水酸化ナトリウムまたは水酸化カリウム →  石けん + グリセリン  

加水分解とは

加水分解とは、反応物に水が反応し、分解生成物が得られる反応のことです。

精製する際、使用するアルカリの種類によって出来上がる石鹸成分が異なります。

使用するアルカリ出来上がる石鹸成分
水酸化ナトリウム石鹸素地
水酸化カリウムカリ石鹸素地
水酸化ナトリウム・水酸化カリウム 両方使用カリ含有石鹸素地

石けんは弱酸性の油脂に、強アルカリ性の苛性ソーダなどを混ぜて作られるために、最終的にアルカリ性になります。

石けん系シャンプーとは

石けん系シャンプーとは以下の界面活性剤が使用されているシャンプーを指します。

  • 脂肪酸ナトリウム
  • 脂肪酸カリウム
  • 石鹸素地
  • 石鹸分
  • 純石鹸分
  • カリ石鹸素地

石けん系シャンプーは、高級アルコール系シャンプー程洗浄力が強くないので、頭皮の皮脂を適度に残しながらもすっきりと洗い上げることができます。

また、石けん系シャンプーに使用される、これらの界面活性剤は生分解性がよく、環境に優しい成分です。

石けん系シャンプーのメリット・デメリット

手のひらで石けんを泡立てている画像

メリット

石けん系シャンプーは、高級アルコール系シャンプーには劣りますが、高い洗浄力を持っています。
その為、頭皮の皮脂を適度に残しながら、髪の毛についたワックスなどのスタイリング剤をすっきりと落とし去ることがでます。

さらに、石けん系シャンプーはドラッグストアなどで比較的安価で、手軽に購入することができます。

デメリット

石けん系シャンプーはアルカリ性のシャンプーなので、洗い上がりの髪がきしみやすくゴワつくという欠点があります。

髪の毛は本来弱酸性に保たれていますが、石鹸系シャンプーを使うとアルカリ性に傾き、髪の表面の層であるキューティクルが開きます。

すると髪の毛同士が擦れて手触りが悪くなるだけでなく、開いたキューティクルから髪に必要な成分が出て行ってしまいます。

さらに、石けん系シャンプーは石鹸カスが残留しやすいデメリットもあります。
石鹸カスは、マグネシウムイオンと水中のカルシウムイオンが結合することで発生します。

この石鹸カスは水に溶けない特徴があるので、入念に洗い流す必要があります。

石けん系シャンプーのおすすめの使い方とは

石けん系シャンプーを使用する場合は、リンスやトリートメントを併用することをオススメします。

石けん系シャンプーはアルカリ性なので、シャンプー後の髪の毛はアルカリ性に傾きます。
アルカリ性に傾くと、頭皮の表面のキューティクル層が開いてしまい、それが髪のきしみの原因や成分の流出に繋がってしまいます。
そのため、アルカリ性とは反対の酸性~弱酸性である酢リンスやクエン酸リンスが特にオススメです。

中和することで、キューティクルを閉ざし、元のpHである弱酸性に近づけることができます。

育毛・薄毛対策で石けん系シャンプーは有効か

医師がオッケーサインを出している画像

石けん系シャンプーは、高級アルコール系シャンプーよりは劣るものの、しっかりとした洗浄力があります。
そのため皮脂を適度に残しながらも、頭皮や髪の汚れをしっかり落とすことができます。
また、普段ヘアスプレーやヘアワックスをを使用する場合、それらもしっかり洗い流すことができます。

洗浄力がしっかりあると聞くと刺激が強そうなイメージがありますが、石ケン系シャンプーで使用される界面活性剤は刺激が低い成分です。
特にカリ石鹸は本来医療品として医療機関で用いられていて、敏感肌やアトピー肌の洗浄に使用さえてきた歴史があり、低刺激の洗浄成分であると考えられます。

石けん系シャンプーは低刺激かつ皮脂を適度に残しながら洗うことができるので、髪の毛を育む頭皮を清潔で健康な状態に保つことができ、育毛環境向上ができると考えられます。

最後に

石けん系シャンプーは高級アルコール系シャンプーには劣るもののしっかり洗浄力があり、皮脂を適度に残しながら汚れを洗い流すことができます。
さらに低刺激の洗浄成分なので、頭皮を健やかに保つ事が期待できます。

頭皮は髪の毛を生み、育む場所でもあるので、頭皮環境を向上させるということは育毛・発毛環境を向上させることに繋がります。

スカルプシャンプーを選ぶ際は、成分の特徴を理解して選ぶことは大切です。

この記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。