1. ホーム
  2. ≫【薬用シャンプーと普通のシャンプーの違い】薬用シャンプーの特徴や効果について解説

【薬用シャンプーと普通のシャンプーの違い】薬用シャンプーの特徴や効果について解説

ドラッグストアなどで目にする“薬用シャンプー”
果たして薬用シャンプーとは一体何か?
育毛や薄毛対策に選ぶべきシャンプーなのか?調査しました。

薬用シャンプーの定義とは

医師がカルテを持ちながら手を開き、説明しようとしている画像

薬用シャンプーに書かれている“薬用”とは、医療品の意味ではなく、医療部外品というカテゴリーに分類されるものです。

医療部外品とは厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されるものを指し、“治療”目的というよりかは、“防止”や“衛生”を目的としています。
医療部外品は、薬のような改善効果はありませんが、人体に対する作用が緩和で、医薬品のような特別な販売許可がなくても製品を販売することができます。

薬用とは

薬事法上では「薬用」というカテゴリーはなく、「医療部外品」が正式な分類の名称になります。
つまり、シャンプー以外でも、薬用石鹸・薬用リップ・薬用ハンドクリームなどは、医療部外品に該当します。

医薬品とは

医薬品とは厚生労働省により、配合されている成分が有効であるという認定を受けているもので、病気の治療を主な目的としています。
医薬品には、医師が処方するもの以外に、ドラッグストアなどで購入できるものもあります。

薬用シャンプーの効果について

薬用シャンプーには、医療部外品と呼ばれるために必要な有効成分と、その他にシャンプーによって独自の成分が配合されている為、シャンプーによって中身は多様です。

薬用シャンプーを大きく分類すると“フケかゆみを抑えるもの”と“頭皮の炎症を”抑えるもの”とに分類できます。

フケかゆみを抑えるもの

フケを抑えるものには以下の成分があります。

  • ピロクトンオラミン
  • ジンクピリチオン
  • サリチル酸

中でもサリチル酸には皮脂を分解する効果があり、頭皮の皮脂が多く、脂性の人にはおすすめの成分です。

頭皮の炎症を抑えるもの

頭皮の炎症を抑えるものには以下の成分があります。

  • グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)

この成分は、抗炎症作用があり、雑菌の繁殖を抑えます。

薬用シャンプーがおすすめな人とは

シャンプーの最中で、髪にまだ泡が付いた状態になっている女性の頭のアップ画像

有効成分の観点から見ると、薬用シャンプーは頭皮に炎症が出やすかったり、フケが気になる人には特におすすめのシャンプーと考えられます。

ただし、シャンプーは様々な成分で構成されていいるので、有効成分以外の成分も着目する必要があります。
頭皮トラブルに有効な成分が配合されていても、洗浄成分が強過ぎるものが使われていたり、刺激成分が配合されているシャンプーであれば、さらに症状が悪化してしまう可能性があります。

有効成分だけに注目するのではなく、そのシャンプーがどんな成分で構成されているのかチェックして、自身の頭皮に与える影響を理解した上でシャンプー選びをすることが大切です。

薬用シャンプーに発毛・育毛効果はあるのか

髪を触りながら鏡を見ている男性の画像

先に記述したように、薬用シャンプーはあくまでも治療目的ではく、防止や予防を目的としているため、薬用シャンプー自体に発毛成分は含まれていません。

しかし、頭皮のトラブルを改善させ、健やかな状態に保つ事は育毛・発毛の上では非常に大切なことです。

頭皮は髪の毛を生み、育てる、いわば土台となる部分です。
この頭皮をトラブルがなく、清潔で健康的な状態に保つ事は、育毛や発毛環境を向上させることに繋がります。

最後に

薬用シャンプーは、フケやかゆみ、炎症と言った頭皮トラブルで悩んでいる方には有効な成分が含まれているシャンプーと言えます。
しかし、いくらそれらのトラブルに対して有効な成分が含まれていても、その他に含まれている他の成分が頭皮に悪影響を与えることも考えられます。
有効成分だけに着目するのではなく、そのシャンプーの洗浄力はどれくらいなのか?刺激成分は使用されていないのか?…
など、シャンプーを構成している他の成分にも着目する必要があります。

この記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。