1. ホーム
  2. ≫ポリクオタニウム-10の特徴と安全性

ポリクオタニウム-10の特徴と安全性

化学式
構造式
用途・効果帯電防止・髪の保護作用

ポリクオタニウム-10とは

ヒドロキシエチルセルロースに、塩化グリシジルトリメチルアンモニウムを付加して作られるチッ素含有セルロースエーテルで、カチオン性のポリマーです。

化粧品成分表示ではポリクオタニウム-10と表示され、医薬部外品では塩化O-[2-ヒドロキシ-3-(トリメチルアンモニオ)プロピル]ヒドロキシエチルセルロースと表示されます。

ポリクオタニウム-10の特徴

ポリクオタニウム-10は、カチオン性つまり+の電気を有しています。

静電気(-)の発生を防ぐことで毛髪の櫛通りをよくする帯電防止効果や、薄い皮膜を形成して毛髪を保護するコンディショニング効果の期待できる成分です。

ポリクオタニウム-10のもつ皮膜形成の特徴から、シャンプー以外では、ローションや石鹸などに配合される場合もあります。

ポリクオタニウム-10の安全性

皮膚刺激性について

At 2% concentration, no irritation was observed in 4 rabbits,
and moderate erythema was seen in 1 rabbit. At 5.0% concentration, no irritation
was observed in 3 rabbits, and moderate erythema was seen in 2 rabbits.
At 10% concentration, no irritation was observed in 2 rabbits, and moderate
erythema was observed in 3 rabbits. The investigator termed the observed irritation
a trace reaction.

2%濃度では、4匹のウサギで刺激は観察されず、
1匹のウサギで中程度の紅斑が見られた。 5.0%濃度では、刺激はない
3匹のウサギで観察され、中程度の紅斑が2匹のウサギで見られた。
10%濃度では、2匹のウサギで刺激は観察されず、中程度
3匹のウサギで紅斑が観察された。治験責任医師は、観察された刺激
微量の反応。
Final Report on the SafetyAssessment of Poiyquaternium-10 <

106人の被検者に5%ポリクオタニウム-10水溶液を48時間閉塞パッチ下で適用したところ、適用後48時間および72時間で皮膚刺激は観察されなかった
Final Report on the SafetyAssessment of Poiyquaternium-10

100人の被検者に0.5%ポリクオタニウム-10溶液を含むシャンプーを閉塞パッチ適用したところ、いずれも反応は観察されなかった
Final Report on the SafetyAssessment of Poiyquaternium-10

眼刺激性について

12匹のウサギの両眼に0.5%ポリクオタニウム-10を含むシャンプーをを最初のみ原液で点滴し、2回目は5%にうすめて点滴し、滴下後は片眼のみすすいだところ、どのウサギにも刺激は認められなかったため、このシャンプーは眼刺激物ではなかった
Final Report on the SafetyAssessment of Poiyquaternium-10

アレルギー性について

46人の被検者の背中または前腕の手のひら側に誘導期間として1%ポリクオタニウム-10を含むコンディショナー0.2mLを月水金の週3回合計10回パッチ適用し、10~20日の無処置期間を経て2つのチャレンジパッチを1つは誘導期間と同じ部位に、もうひとつは未処置の部位に適用したところ、1人の被検者は誘導期間に最小の紅斑を示し、もうひとりは刺激反応を示しました。また、2人の被検者がチャレンジ期間に反応を示したため、反応を示した被検者に改めてチャレンジ試験を行ったところ、これらの被検者は反応を示さなかったため、このコンディショナーは皮膚感作剤ではなかった
Final Report on the SafetyAssessment of Poiyquaternium-10

ポリクオタニウム-10の現時点の安全性は、皮膚刺激性や眼刺激性、アレルギー(皮膚感作性)性の報告はなく、安全性の高い成分であると考えられます。

この記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。