1. ホーム
  2. ≫【頭皮のかゆみ】その原因とシャンプーを選ぶポイントを解説

【頭皮のかゆみ】その原因とシャンプーを選ぶポイントを解説

頭皮のかゆみの原因な様々で、原因を特定していくことは難しいですが、今使っているシャンプーが原因でかゆみが引き起こされているケースも少なくありません。
今回は頭皮のかゆみの原因と、おすすめのシャンプーの選び方をご紹介いたします。

頭皮のかゆみの原因1 乾燥

頭皮は体の中で最も潤い成分の一つであるアミノ酸が失われやすい場所です。
乾燥は、洗浄力の強すぎるシャンプーの使用による皮脂の過剰除去や、紫外線が原因になり引き起こされます。

頭皮のかゆみの原因2 洗浄力の強すぎるシャンプーの使用によるバリア機能の低下

ラウリル硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸ナトリウム、ラウレス塩酸アンモニウム、ラウリル塩酸などの界面活性剤が使用されている、高級アルコール系シャンプーと呼ばれるシャンプーは洗浄力が強すぎて皮脂を過剰に洗い流してしまいます。すると、頭皮のバリア機能が弱まり、水分が蒸発しやすくなることで頭皮が乾燥してしまいます。

頭皮のかゆみの原因3 頭皮の傷

頭皮は皮膚の中でもとても弱く、簡単に傷がついてしまいます。かゆい所を掻いたり、爪を立ててゴシゴシとシャンプーをすると知らないうちに傷が付き、そこが炎症を起こしてかゆみを引き起こします。

頭皮のかゆみの原因4 間違ったシャンプーの方法

洗い流し足りない

シャンプーがしっかりと洗い流しきれていないと、頭皮に残ってしまいそれが刺激になり頭皮のかゆみを引き起こします。シャンプーのすすぎの時間をかけない人で頭皮のかゆみを感じている人は、シャンプーの洗い流し不足を疑ってみてください。

熱いお湯で洗う

熱いお湯でシャンプーをすると、頭皮が乾燥しやすくなったり、頭皮が軽い火傷のような状態になることで炎症を引き起こしかゆみの原因になります。
ベストな温度は38℃くらいとされていて、40℃を超えるお湯で毎日シャンプーをしている人は要注意です。

爪を立てる。ゴシゴシ洗う。

シャンプー時、爪を立てて洗ったり、力を入れてゴシゴシ洗うことで頭皮が傷つき、そこが炎症してしまってかゆみを引き起こすことがあります。
シャンプーは指の指紋のある、腹と呼ばれる部分で優しく洗うことが大切です。

頭皮のかゆみの原因5 ストレス

寝不足や疲労、食生活の乱れなどによって身体的にも、精神的にもストレスがかかると頭皮にかゆみが生じる場合があります。
規則正しい生活、適度な気分転換を心掛けましょう。

頭皮のかゆみの原因6 病気

上記のような原因以外でも、皮膚の病気によってかゆみが生じている可能性も考えられます。頭皮の状態をチェックして、違和感や異常が感じられればすぐに病院に行くことをおすすめします。

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎とは、フケのついた湿疹ができ、頭皮にかゆみを引き起こす皮膚病です。
特徴としては、女性よりも男性の方がかかりやすく、年齢が高齢になればなるほど自然治癒が難しくなる病気です。頭皮が赤みを帯びている場合は注意が必要です。

かゆみを感じる人にオススメのシャンプーとは

シャンプーが原因でかゆみが引き起こされている場合、次の2点に着目してシャンプーを選ぶことをおすすめします。

  1. 強すぎず、適度な洗浄力のあるシャンプー
  2. 頭皮に刺激になる成分が入っていないシャンプー
  3. 体質にっては、シリコン・パラベン・エタノールが刺激になってしまうこともあるので、これらの成分が含まれているシャンプーもできれば避けた方が無難です。

    最後に

    頭皮のかゆみの原因は、シャンプーの成分だけでなく、シャンプーの方法、生活習慣、皮膚病などが原因で引き起こされるケースも少なくありません。
    かゆみで悩んでいる人は、シャンプーの成分は勿論、やり方や生活習慣を見直してみると改善する可能性があります。
    それでもかゆみが改善しない場合は一度医師に相談してみてもいいかもしれません。

この記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。