1. ホーム
  2. ≫ココイルグルタミン酸ナトリウム

ココイルグルタミン酸ナトリウム

化学式 (HOOCCH2CH2CH(NHCOR)COONa)
構造式
用途・効果 界面活性剤・洗浄作用

ココイルグルタミン酸ナトリウムとは

ココイルグルタミン酸ナトリウムは、グルタミン酸とヤシ油脂肪酸から構成されたアミノ酸系のアニオン界面活性剤(陰イオン界面活性剤)です。

化粧品ではココイルグルタミン酸ナトリウムと表記されますが、医薬部外品ではN-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸ナトリウム、N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸ナトリウム液などと表記されます。

ココイルグルタミン酸ナトリウムは洗浄力は弱めですが、その分肌への刺激が少なく洗浄後もしっとりと潤いを保つ事が出来るのが特徴の成分です。

また、ココイルグルタミン酸ナトリウムは生分解性に優れており、環境に優しい洗浄成分と言えます。

ココイルグルタミン酸ナトリウムの特徴とは

アニオン界面活性剤の中でも肌のバリア成分や皮脂を適度に残しながら、汚れを洗い流す選択洗浄力が優れています。

また、皮膚と同じ弱酸性を示し、水道水に含まれるミネラルと反応しにくいため洗浄後もつっぱりにくくしっとりした柔軟効果もあります。

ココイルグルタミン酸ナトリウムは低刺激な成分なので、敏感肌用シャンプーや子供用シャンプーなどをはじめ、洗顔クリーム、石けんなど多くの製品で使用されています。

ココイルグルタミン酸ナトリウムの安全性

ココイルグルタミン酸ナトリウムの安全性に関する研究データを紹介いたします。

The Panel concluded that amino acid alkyl amides are safe in the present practices of use and concentration in cosmetics, when formulated to be nonirritating.

パネルは、アミノ酸アルキルアミドは、化粧品中での使用および濃縮の現行の実践において安全であり、非刺激性であるように処方されると結論付けた。Safety Assessment of Amino Acid Alkyl Amides as Used in Cosmetics

ココイルグルタミン酸ナトリウムの現時点での安全性は、皮膚刺激性はほとんどなく、重大な眼刺激性やアレルギーに関するデータが見つからないことからみて、安全性の高い成分であると考えられます。

この記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。