1. ホーム
  2. ≫ココイルグルタミン酸TEAの特徴と安全性

ココイルグルタミン酸TEAの特徴と安全性

化学式
構造式
用途・効果 界面活性剤

ココイルグルタミン酸TEAとは

化粧品成分表示名称はココイルグルタミン酸TEAですが、医薬部外品では、N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸トリエタノールアミン液と表示されます。

アミノ酸の1種であるグルタミン酸と、ヤシ脂肪酸から構成されたアミノ酸系系面活性剤(アニオン界面活性剤)です。

ココイルグルタミン酸TEAの特徴

ココイルグルタミン酸TEAの最大の特徴は、肌と同じ弱酸性なので刺激が少なく、洗浄力が穏やかで髪や頭皮に潤いを与えることです。

また、毛髪への吸着性に優れているために髪の補修・保護効果が高いことも特徴です。

ココイルグルタミン酸TEAの安全性

ココイルグルタミン酸TEAの現時点での安全性は、皮膚刺激性や毒性はほとんどなく、重大なアレルギーの報告もないため、安全性の高い成分であると考えられます。

この記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。